BANGKOK☆MOOK日記

フードライター・ヨヨギウエハラーゼTAKKO☆あらため、 タイの中心でアロイを叫ぶ、不動産屋MOOKの備忘録BLOG☆彡

ベトナム朝ごはん

 1区のオスカーホテルのホテルの朝食。


ベトナムのホテルの朝食の特徴、必ず屋台風フォーとバインミーとカスタードプリンがある。
021
フォーって、あっさりしすぎてて、日本でもベトナムでも好きじゃなかったが、ここのは美味しくておかわり!

で、セルフで作った上のバインミー、美味しそうにできたけど食べきれない!

卓上の紙ナプキンにくるんで、やや堂々と部屋へお持ちかえり!




ベトナム2軒目、しじみの唐揚げを食す!

2軒目もS原さんおすすめで選んでくださった、「SH Garden」へ。
016
こちら、超レトロなエレベーターがあって、暗くてうまく撮れなかったけど、それもここのウリなんだそう!

ベトナムのかほり漂う、すてきな空間!サイゴンスペシャルで乾杯( ^^)/▽▽\(^^ ) 最高ー!
017
メニューに、“しじみの唐揚げ”というものを見つけて驚く。聞けば、ベトナムでもとれて、密かな名産だそうだ。

どーん!かき揚げなのかなと思いきや、かなり大粒のしじみが、ちゃんと一粒一粒唐揚げになってる~!
019
ベトナム名産のえびせんに載っているという演出もニクいが、これは人生で初めて食べたけど、サクッとした食感で美味、ビールのつまみに最高~!

こんなに食べられないと思いきや、チビチビと最後の一粒まで美味しくいただいた!

ところでベトナムでは今地下鉄の工事をやっていて、完成はまだまだ数年後になるそうですが。
018
タクシーしかない今も、問題なく好きですが、ベトナムの発展、楽しみです。







ベトナム再訪!「VIETNAM HOUSE」

 タイの次に、住みたいくらい好きな国、ベトナム・ホーチミンへ再訪!

昨年のソンクランにベトナムに旅行に行った時、超お世話になった、S原さんに前日APO!

夕方ホテルにチェックインするや、Sさんはロビーへ迎えにきてくれ、夕食へ!

「生春巻きのある店ならどこでもいいです!」とだけリクエストしたら、ガイドブックにも載っているという、その名も「VIETNAM HOUSE」へ連れて行ってくれた!
015
サイゴンビールで再会に乾杯!ちゃんとしたレストランで缶からジョッキというのも、旅情があってオツなもの!?
012
大好物の生春巻き!流石、盛りつけも美しく感激!
013
もう一品、シーフードサラダを頼んだら、こちらも素敵!タイのヤムウンセンにそっくりだが、美味しい!
014
流石は在住者S原さんチョイスのお店、大満足でしたが、2軒目に続く・・♡






海老味噌クリームパスタ

昨日買った海老味噌で、早速朝はパスタ!

海老味噌を酒、塩、オリーブオイル、パスタのゆで汁で溶いて炒め合わせる。海老味噌自体クリーミーだから、生クリームなんざ必要なし!
001
濃厚美味!自家製乾燥パクチーの茎と相性もいいし、持て余してたフェットチーネを消費できて嬉しい。

海老味噌は足が早そうなので、そのまま食べる分は塩を振ってオーブンで焼くと、パテみたいになりアロイ!

後はパスタ用に小分けにして冷凍。買ってよかった!しかし。実はオートーコー市場の帰りにクロントゥーイもハシゴしたら、同じものが60Bで売っていた。。その差40B、次からはクロントゥーイで買おう!

陸のイクラ、幻のキンカン!

キンカンが大好物だったけど、タイでは日本と違い、どのスーパーにもない。でも、クロントゥーイ市場ならある!

とはいえ本当は手前のモツ付きのが一般的でそれでもよかったけど、1軒だけキンカンだけのが売っていて即買!
041
これはもうまるで粒の大きな陸のイクラ?宝石のよう!(≧∀≦) 宝の山、クロントゥーイ通い、やめられにゃい!

色々切干

切干大根を作れる喜びに目覚め、色々な形で大量生産!

かつらむきは時間もかかるし中心部はロスもでるので、フライドポテト切り製法。これは歯ごたえがでるはず。
002
とはいえ、包丁が回らず切れてしまうロスは煮てもいいけど干しても美味しかったので、ある日は花切大根!
005
皮も干して、皮切り干し大根もいけるし、葉っぱも煮たり、干したりして、大根って捨てるところがない!

ところで日本でソムタムを作りたい方たちは、パパイヤの代わりに切干大根を使用すると知り、パパイヤも干してみた!大根より水分が少ないので乾きやすい。1日でもOKなほど。

パパイヤはタイで買うと20Bと超安いのに、重たくて送料もかさむのか、日本では手に入りにくいし高い。

上の中央の緑色がパパイヤ。乾燥パパイヤは沖縄などでも作られてるけど、これは輸出したいほど!?
010
切干色々と高野豆腐も。気分は乾物屋さんなり!

年末のオートーコー市場

たしか去年の年末に初めて行った、オートーコー市場へ、2度目の再訪!

向かう道すがら、お~と~こだったあら~♪という演歌が脳裏に流れてしまうのは私だけだろうか・・・?

市場ってほんと、見ているだけで楽しい!
039
食べ処も色々あるけど、去年も食べた人気店のパッタイ。20分待ち!牡蠣でオーダー60B
040
魚屋で、得体のしれない物を発見、聞けば海老味噌というので初めて買ってみた!100B、これは型に入れて焼いたりパスタにしたら美味しそう!
043

タイの築地、クロントゥーイ市場の蟹

バンコクに来て初期の頃、一度きり行って、カルチャーショックを受けて、何も買わずそれっきりだったクロントゥーイ市場。

当時は家でほとんど料理をしなかったけど、今の私には正に宝の山!

肉、魚、野菜、スーパーの半値以下!例えば一束20Bはするパクチーなんて、5B!

鮮やかなオレンジ色に惹かれ、子持ちの蟹を買った。カニって面倒でさほど好きじゃないけど、蟹みそだけは別格!キロ350B、1匹分で120B
028
酒と塩を振り入れて蒸した。やや半生だったけど構わずそのまま・・・
029
殻のはしっこまで身がぎゅうぎゅうに詰まって、こんな雲丹のような濃厚な蟹みそ、食べたことがない!

ワタリガニ系?何蟹かは不明だけどこれまで食べた蟹で一番かも!?これは~リピ決定!!

三度目の焼豚が・・・

前回作った焼豚が硬かったので、焼く時間を気持ち短くしたら、、

思いがけずローストビーフのようなピンク色でしっとりに!
003
これはらーめん用焼豚には勿体ない出来!ちょうどクリスマスのご馳走的な1品として、このまま食べました!

適当でたまたまこうなっただけだけど、ああ時間測っておけばよかったな。次回再現できるだろうか。。。

切干大根完成!

切干大根を干すこと、たったの丸2日でカラカラにそれなりに仕上がった。見た目や匂いも同じ。
008
しかし、あんなに大きく重い大根1本が、たったのこれっぽっち、30gにしかならないとは。。。悲しい驚き!

でも大根はほとんど水分、それが飛んで栄養や旨みが凝縮してるってことよね!

早速、水で戻して、戻し汁で煮たが、日本の市販のを使ったそれとまったく同じ。切干大根なんて一体全体何年ぶりかわからないけど、アロイ!
010
これは配っても喜ばれるだろうし、保存もきくから、大量生産しよう。でもって他の野菜も干し干ししよう☆彡






切干大根仕込み!

タイでは売っていない切干大根をネットで調べると、切り方等諸説あったけど、何となくかんぴょう式にかつら剥きに長く切り、ハンガーにかけてベランダで仕込み。
039
うちのベランダは東南で朝から暑いほど日当たりよく、すぐ裏も緑豊かな公園だから、空気もよいし!
042
現在バンコクは乾季で涼しいはいえ、本来は北国の秋冬の寒風で干すものですけん、どうなることやらん・・・

ばってん、わくわく♪

マンゴーワイン!

先日買ったマンゴスチンワイン、甘すぎず飲みやすくて気に入って。美味しかった報告もしたく買い足しに言ったら、残念。オーナーさんはあいにくお休みでいらっしゃらなかったが。

棚の下に、まるで隠すように1本だけマンゴーワイン発見!

タイ人スタッフに、オーナーさんとお話したいと言ったら携帯へ電話してくれた。

「先日ワインを買った者ですが美味しかったのでまた買いに来たんですが、マンゴーワインを見つけたんですけど、これ買ってもいいですか?」

「実はあの後すぐマンゴーワインを1ケース仕入れてみたら、おかげ様ですっごく好評ですぐ売れてしまって。」

「でもあなたのために残して置いたんですよ」と!わーい♪ 
001wine
自分も、オーナーさんも、他のお客さんも喜んでくれて、三方良しに、嬉しく思いました!




マンゴスチン ワイン

仕事帰りにトンローをブラブラしてて、グランドタワーインホテル手前の雑貨屋ティラルックさんへ。
005
マンゴスチンのワインに目が留まり、200Bとお求め安い価格なんで買ってみました!
004
実はこれ、プロンポンの別な雑貨屋さんで試飲したことあるが、380Bだったので、ほぼ半額!

タイ産、マンゴスチン100%、アルコール9%、ハーフサイズ375mというのも両方程よい。

しかもマンゴスチンって、ぶどうと同じくポリフェノールがたっぷりなんだそう!

日本からの来客やお土産にもいいな~と2本衝動買い。するとおまけでマンゴスチン石鹸もくれました♪

このお店はマンゴスチンしかないけどこれは4種類あって、マンゴー、パイナップル、ココナッツだったかうろ覚えだけど、マンゴーが美味しかった記憶があり。

「マンゴーも売って欲しいです!お土産にも絶対売れますよ」とオーナーにリクエストしてきました。

ところでタイは輸入ワインが酒税・関税でめっちゃ高いので、美味しかったらタイでワイン飲むならこれにしよう!

意外に安くて美味しく安全、タイの生牡蠣!

好物の生牡蠣、タイはスーパーでパックのこれ。なんと40Bなのだが生でも食べられてアロイ、お気に入り!
006
日本では高級な牡蠣、旬もあるのに、タイは1年中、同じ安い価格で、安定して手に入るのはなぜなんだろう・・・

生で、パスタに入れて、アヒージョにしたり、もう何十回も食べているけど、これでお腹を壊したことはただの一度もありません!

フィレ肉焼豚

焼豚もどきは自他共に好評だったが、ちゃんと作ろうと思い、嫌いな脂身のないフィレ肉を買った。

キロ190g、これで60Bって、とても安い!まずは両面オーブンで焼く。そう、焼かないと焼豚とは呼べない。
040
醤油、みりん、ナンプラー、蜂蜜をさっと煮て漬けダレを作り、ジップロックに入れて味付けするだけ。

簡単、完成!脂身の全くない焼豚、そのまま食べてもアロイ。これは今後も作ろう~!
044
これで、スープ、麺、焼豚、全部作れるようになった。いつでもらーめん屋さんになれそうな気分。。。

スープ炊きと同時に焼豚もどき

らーめんは好きでも、実は自分にとって叉焼は別にあってもなくてもいいほどの存在。チャーシュー麺をオーダーしたことなど、ないに等しいかも。

でも、先日久々にスープを炊いた際、やはり骨際の肉の旨さを実感。

なので、スープを炊きながらチャーシューもどきを作るべく、いつもの鶏ガラと豚骨だけ少なめに、スペアリブを買って、全部を煮込む。

暫くして豚骨とスペアリブだけ一旦引き上げ、少し冷まして骨に沿ってナイフで肉をこそげる。

炊いている途中のスープとにんにくを混ぜ、醤油、酒、みりん、はちみつを適当に入れて、ひと煮立ち。

叉焼もどき完成!
002
骨はまた鍋に戻して煮る。肉からも勿論ダシは出るけど、肉を外したほうが骨からの成分が出やすい気がする。

そう言えば何故、ラーメン屋のチャーシューが好きでないか、脂身がついててパサパサしているからなんだと再認識。家ならば、別に形にとらわれることもない。家二郎ばんざい!

ZORZE CAFEの絶品フォカッチャ

ソイ24の新築のバーン ティパヤディというアパート1Fの、お洒落なゾーズカフェ。
008
ここの自家製パンの、黒オリーブのフォカッチャがアロイ!これしか買ったことないけど、何度もリピートしているお気に入り。

先日初めて、開店直後の朝8時に行くと、あと5分で焼きあがるよ、と、初の焼きたてに遭遇!
010
パンっとハリがあるホカホカ、ホカッチャ!

以前買ったある時は・・・ショボーン(´・ω・`)
008
別人のようです。。パンも老化と言いますが、焼きたて一番。正月休みは自分で作ろう!

超簡単で驚きのクリームパスタ!

手打ちらーめんに飽きて、いずれ打つであろう手打ち生パスタのことを考えていたら、クリームパスタにインスタントスープ代用を思いついた。

生クリームって、高カロリーで高価、持て余す。牛乳も、タイはパスチャライズしかなく美味しくないし体に悪い。

どうせ体に良くないなら、インスタントスープでいいかと。スーパーへ行くと、粉末の専用パスタソースもあったが、ドイツ語?で全くわからないし、分包でもない。

パスタにコーンだとあれなので、マッシュルームの、しかもパスタと書かれたものがあったので買ってみた。
005
パスタを茹で、その茹で汁を、スープだと200mlのところ150mlの少なめで溶いてみた。

流石に具なしは寂しいので、近々作るであろうパンに備えて買ったベーコンと、家二郎用キャベツを使用。
007
もし、お店で食べさせてられてもそれと気づかないくらいレベルの高い、まんまクリームパスタの完成!

強いて言うなら、スープに書いてある“パスタ”とはパスタ用という意味じゃなく、マカロニ入りだったので次は普通のマッシュルームスープを買おう。そしてややしょっぱかったので、次はゆで汁じゃなく普通のお湯で溶こう。

巷には、ほぼ全ての料理の○×の素という調味料が溢れかえっているが、好きでなくさほど必要性も感じないが。

これは~クリームパスタ革命!保存もきくし1食15Bちょい!騙されたつもりでやってみてください、騙されるし、騙せます!

麺もスープも自家製、家二郎!

本来は入れない全粒粉の薄力粉と卵を入れてのやっつけ二郎麺。
007
茹でて、完成!何せベースがうどんだから、お店の二郎麺とは勿論違うけど、つるつるしたうどんの良さはいい感じ!
002
全粒粉のためか色が悪いので、次回はうどんと全く同じレシピにベーキングパウダーだけ入れる製法にしよう。

スープも数カ月ぶりに炊いたが、今回は二郎なのでにんにくも入れて煮込んで、味付けは醤油だけでもいいけど、麺つゆ、ナンプラーを少々加えると、出汁?がでるため無科調なのに美味!

しかも家二郎なら、麺5B、スープ10B、一食わずか15B=45円!二郎他らーめん屋ってやっぱ儲かるんかも・・・

何より、スープの脂は取り除くし店だと食べ過ぎてしまうが、麺も適量にできるので、お店より俄然ヘルシー!

ついにらーめん打ち、しかも二郎!

思いのほか長らく続いたMYうどんブームも3週間で一旦終了。とはいえ絶対一生作り続けるけれど!

うどんがうまく打てるようになると、他の麺何でも作れそうな気になってしまう。

しかしタイで蕎麦粉など入手困難、パスタはデュラムセモリナ粉が何種も売っているし、生パスタも好きだけどクリーム系が合うイメージ。オイル系が好きなら乾麺のほうがいい気がする。よって、次こそラーメン!

しかも、うどんなら富士吉田だったように、最初から無骨な二郎を目指す!

二郎にはオーションという強力粉が最適なのはわかっているけど、そんなものタイでは手に入らないだろう。
準強力粉というのも多分売ってないし、自分の打つ固めのうどんの食感はすでに気に入っているので、うどんと同じ中力粉に塩水も同じだけ。かんすい(は多分売ってないのでベーキングパウダー)だけ加えてチャレンジ!

中力粉が少なかったので、余ってる全粒粉の薄力粉を色付けも少し足して、卵も本当は入れなくていいらしいが卵黄だけ入れてみた。
001
同時に数カ月ぶりに豚骨鶏ガラスープも仕込んだ。一晩寝かせて明日の朝は、家二郎!
003


うどんからパン

失敗作の全粒粉うどん生地はすべてパンに転身。

ピザは気に入ったので、ドーナツ方式で、お椀で丸くくり抜いてから薄く伸ばす。
013
残りの生地は長方形、パイ方式でねじって素焼き。
015
そして切り落としていよいよ余った生地は、なんとなく、バジルを刻んで練りこんで捏ね直し、わらじ型に成形して、にんにくのみじん切りをのせ、オリーブオイルを塗って焼いてみた。
017
何日も経ったうどん生地を更に捏ねたんだから、固いのはあたりまえでさておいて、それなりに美味だけど
しかしとにかくしょっぱすぎてやばい。試作なので捨てた。。

オーブントースターでも焼けることがわかったし、硬さは薄力粉を多めに調整して、発酵させなくても、自分はもともとハード系のパンが好きだからちょうどよいかも!

いずれはちゃんとパン用の塩分で作って、ベーコン、オリーブといった、好きなしょっぱい具を組み合わせよう!

うどん生地でピザ!

うどんに飽きたのか、ふと珍しくピザが食べたくなった。買いに行くのも出前を取るのも面倒だなと思っていたら、

そういえば家にバジル、チーズとトマトソースも買い置きもあるし、全粒粉入りうどん生地がイマイチで数日持て余していたことにも気づき、ダメ元で焼いてみたら!

うどんマルゲリータ、まさかの大成功!
010
パンは1次・2次発酵が面倒だし、温度調節のできないオーブントースターしかないので諦めていたが、

ピザのようにカリカリでいいなら発酵させないうどん生地でもまったく問題なし!

塩分は気になるが、捨てようかと思ってた残りのうどん生地もリメイクしてパンにしてしまおうかな。。


タイの原宿で行列のたい焼きソフトクリーム CAFE ABOONG

天丼を食べた帰り道、滅多にこないタイの原宿サイアムを、腹ごなしにぶらぶら散策。

すると、タイでは滅多に見ることのない、行列を発見!
008
日本人と違い、暑いというのもあるけどタイ人は並ぶの大キライ。朝のバイクタクシーの列しか見ないのだが。

見るとたい焼きにソフトクリームを詰めた見たことない新手のスィーツ、日本ではなく韓国発であることに二重にカルチャーショック!
009
しかもちゃんと客に餡子かクリームかを選ばせ、口を開けた独自の金型に生地を流し込み、内蔵させるとは!

それだけではない。チョコレートフォンデュの機械でチョコバナナ串を作り、さらにそれでソフトクリームにも回しかける芸の細かさ。

カロリーも高そうだが、お値段も。折しもさっき食べた天丼と同じ価格の159B、屋台飯が1食30Bの国で、5倍。

(ちなみにマクドナルド、ケンタッキーなどの普通のソフトクリームは7B~10Bもしない)

天丼でお腹いっぱいカロリーオーバーで試せなかったが、
012
購入者のほぼ全員、記念写真を撮っており、便乗して撮らせてもらった!

たい焼きに入っている、というビジュアルだけがポイントなような・・リピートする人はどれほどいるんだろうか。。。タイらしさは微塵もないけど、“タイのたい焼き”、観光客にはいいかもしれない。



再訪、天丼てんや

友人がFBで日本橋の天丼の名店「半之助」でディズニー超え2時間半並んだというのを見て、年に1度あるかないかの天丼モード!サイアムスクエア1の「てんや」へ。

タイご当地メニューのなまず天丼やトムヤムクンうどんもあるけど、オールスター天丼(159B)をオーダー。

しかしキッチンカウンターの上に出来上がったお盆が常に3~4つ溜まったまましばらく放置。。。007
オーダーが最優先か、満席でてんやわんやの忙しさならまだ許せるが、さほど混んでもないのに、、、

天ぷらは揚げたての食感が命、天丼の場合温かいご飯にのせて、さらにタレをかけるからただでさえしなりやすいのに。。こんなもどかしさを感じるくらいなら、いっそセルフにしてほしい。

やはりカラッと感はなく、盛り付けもイマイチ、ホタテも固くてパサパサ・・

オープンしたての頃来た時は、日本と全く変わらない味と感動すら覚え、タイで天丼ならてんやと決めていたのに、退化は残念!

全粒粉うどん

自分で炊くならお米も玄米派の自分、小麦粉も全粒粉なら食物繊維等が摂れて体にいいはずだし、好奇心も手伝ってやってみたが。
003
中力粉と半々だけどやっぱり薄力粉だからか、普通の市販のうどん以下にコシもなく、ぼそぼそしたものになってしまった!

強力粉の方を買えばよかったのか、失敗。。

そういえば数年前、全粒粉のパスタ(乾麺)を買ったことがあったけど、美味しくなくて捨てたことを思い出した。。

全粒粉のうどんが美味しいならお店でも売ってたり出すはずだし、やっぱうどんは白くなきゃ。。。
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ