BANGKOK☆TAKKO日記

フードライター・ヨヨギウエハラーゼTAKKO☆あらため、 THAIの中心でアロイを叫ぶ、MOOK☆のつぶやき備忘録BLOG☆彡

レモングラスでお茶&料理

東京でひどいスギ花粉症に悩まされ、レモングラスが花粉症にいいというのは聞いてはいたけど、タイにはスギ、花粉症はなくてサバイサバイ!

タイ名産のレモングラスと言えばトムヤムクンだが、さほど好きじゃないし難しそうだし、買う機会などなかったが、つい最近、ガン予防とストレス解消にレモングラスがいいと知り、
まずはお茶!


と思い、スーパーを回ったが、普通にティーパックのものはなぜか売っていない。ネットで調べたら、生レモングラスをそのまま煮るだけで作れると知った。だもん、売ってないわね。

さて、レモングラスのタイ語は“タカイー”というが、ひと袋5~6本入りが7.5B!むしろヤスイー!

ザクザク切って、まずは水出しから。ちょっと置いただけでもう味や香りが出てる!
015
 

弱火で沸騰するまで煮る。グツグツ煮込んではいけないらしいので、沸騰したら火を止める。

(欲張って煮過ぎたこともあるが、やはり爽やかさがなくなってしまう!)

爽やかな風味でそのままで飲んでもちろん美味しいが、ハーブティーを飲む習慣がなかったため、いつも飲む烏龍茶に合うのでブレンドしたり、カレーを作る水代わりに入れたり。

カレーに入れると風味こそ消えてしまうが、ガン予防&ストレス解消の気休めに続けタイ!

014


 

ココナツオイルTKG

タイに2年も住みながら、これまでまったく関心のなかった、いや、存在すら知らなかったココナツオイル。しかし最新号のDACOで、ボケ防止や、食べても全く太らないとか、体に良くて、メイク落としや保湿にも使えると最近知った。

ハリウッド女優も毎日愛用だとかで世界中で大ブームならしいが、灯台タイ暗しとはこのことか!?

スーパーに買いに行くと、小瓶で200B1ℓは600Bまで。
038
タイで一般的な大豆油は1ℓ50B以下なので、大変に高級だが、もし日本で買ったら23倍はするでせう。

037
迷ったが、容器がカワイイ、真ん中の450ml238Bのものをチョイス。



まずは家に帰って、真っ先にメイク落とし!お菓子のようにぷ~んと甘い香りの中、おお落ちる~!
しかし喜んだのも一瞬、洗い流してみると、ギトギト・・・石鹸でw洗顔してもベタベタが残り。。。

イマイチか!?
でもマイペンライ!実はメイク落としの為に買ったわけではないのだ!



翌朝は。。。ココナツオイルTKG!ココナツオイル×醤油で、何故か卵かけご飯の味になるらしい。

これを試したくて買ったのだ!
まずは油だけ一口味見。油なのに甘くて、初めての不思議な味!

タイ米の白米玄米1:1ご飯にココナツオイルと醤油をかけて混ぜる。

003
味は・・・ほんのり甘いバター醤油ご飯!卵かけご飯の味ではないので、やはり物足りなくて卵は追加。

バター醤油風TKG!これはいいかも!!そう言えば朝、油を摂ると、むしろ痩せるらしい。そういえばこの半年毎朝、タイ炒飯にハマり食べ続けたが、まったく太らなかった。

自炊に替えて油をほとんど摂ってないので、ココナツオイルで摂取しよう!





 


 


UNI TKG!(雲丹卵かけごはん)

母が送ってくれたうに。ウラ面に書いてある、“雲丹屋のまかない飯”というコピーがソソられる、雲丹卵かけご飯!
036

普通のTKGも大好きだけど、雲丹は初めて、当然旨い!普通のTKGでは物足りなくなってしまったらどうしよう。。
001
昼は雲丹パスタ!
020
夜はそのままアテ!3瓶もあるから暫く愉しめると思っていたのにヤバ。。わずか1日で1瓶食べきってしまった。。いつまでもあると思うな親とウニ!

ところで雲丹TKGをやりたくて、とうとう我慢してた電子レンジを買った。わずか2000Bで買えるので、全くもってお金の問題じゃない。

タイで最初に住んだコンドには洗濯機がなく、もちろん不便だったけど、手洗いと、シーツやアイロンのいる服は、集配もしてくれるクリーニング屋さんに出し、コンド契約の半年間乗り切った。1週間など貯めずに毎日洗うので汚れも落ちやすく、機械に頼りすぎない生活は新鮮で、
いい経験、いい思い出だった。

次のアパートに引っ越して、冷蔵庫はレンタル制で、借りるより安いと買ったが、次の引越しで不要になり、結局処分。扇風機も買ったが、シーリングファンのある次の家に引っ越した時、不要になって捨ててしまった。。

そんなこんなでかさばるモノを増やしたくなく我慢してたが、唯一たまに困るのは、ご飯の温めだったが、ほぼ外食だったし、タイ米を炊くのは日本米より早いので、これもなんとか乗り切れた。

でも最近自炊生活に切り替えて、
やっぱりレンジは必需品、もっと早く買ってもよかったけれど、

これもまたとないタイミングで、記念的お買い物!レンジを買うきっかけをくれた雲丹、いや、母に感謝☆彡





らーめん作り!

豚骨&鶏ガラスープに、醤油とナンプラーだけでも、意外に簡単に豚骨醤油ができることがわかり、ラーメン作り!

タイのスーパーで手に入るタイ産の乾麺なら(左から18B、25B、35B)真ん中のイスラムと書いてるのがお気に入り。
007
2種の生麺(35B)、左はそばと書いてあるが、極太らーめん、右の玉子麺は4等分されてて使いやすい☆
しかしタイでこんなクオリティの麺がこんな安く手に入るだなんてありがたい!
008
ところでスープは普通の豚骨より豚骨魚介スープのほうが好きなので、魚介出汁はどうしよう。。と思っていたら、その日の晩、母から小包が届いていた!
018
パスポート更新のため、戸籍謄本を一通頼んでいたのだが、一緒に好物の雲丹など海産物が~!それ用ではないけど、昆布に小魚、これで出汁が取れる!なんというありえないタイミング!慣れない英語で、3,000円もの送料をかけてEMSで送ってくれたおかん。。。感謝していただきます!

カレー用スープストック作りで、思わぬ副産物が!

カレー用に、いつもの鶏肉でなく、スペアリブでも買おうかなと思ったら、FUJIスーパーで鶏ガラと豚骨が売っていた!
015
この出汁でカレーを作ったら、より美味しいに違いない!

包丁で皮や脂身を切り捨てながら、過食部である肉はこそげて炒めて、カレー用肉に。
016
骨際の肉が柔らかくて旨いのは言うまでもなく、ひと手間かける価値あり!

そして弱火で煮込む。アクを取りながら煮込んで、冷まして鍋のまま冷蔵庫へ。
034
一番フォンは特に脂っこいが、脂は冷えると白く分離するので取り除きやすい。

手間や時間はかかるけど、楽しく、白濁したフォン
の完成!空瓶に入れて、残りはジップロックで冷凍。
035
ところで部屋中らーめん屋の匂いが充満!もしやこれは・・・と思い、
3番フォンに試しに醤油を入れてみたら、、、まさに、まんま豚骨醤油!

カレーのために作ったけど、思いがけずらーめんスープも作れるようになっちゃうなんて!

015
思えばパッキーマオにハマったことで、人生初カレー作りに目覚め、今度はらーめん!料理ってホント面白いし楽しい☆彡


 

バンコクの母との別れ

前社Kで一緒に働いていた、バンコクの母ともいうべき、K藤さんから、突然電話があり。長年住んだバンコクを離れ、東京に戻るとい帰国前日に食事に誘われた。

場所はタニヤの「すし好」

すっかりタイ料理と自炊漬けだったので、超久しぶりの純和食、しかもお寿司!

001

彼女は60歳をとうに過ぎているが、とても美人で、スレンダーで、昔胃がんを患ったことあるのが嘘みたいに克服され、明るくクティブで、尊敬するお方だ。

3人の娘さんのうち、私と同い年の娘さんもおり、職場は変わって離れても、娘のようとかまってくれていた。

ある時、VISAのためラオスに行ったとき買った、名産のタマリンドキャンディをお土産に配った時、いたくハマってくれて、再度ワークパーミット取得だけでラオスに行った際、今度は彼女専用に買って、とっても喜んでくれた。

実はの時、実家の母にも送ろうかと1袋買っていたのだが、なんせ不精で賞味期限が切れたばかりで、どうしようかと思っていた矢先だった。

「あのタマリンドキャンディ、いっくら探してもやっぱりタイにはないのよね・・・」

「(キター!)実は賞味期限は先日過ぎちゃいましたが、もしそれで構わなければ、まだひと袋あるんです!」

「賞味期限なんて、全然気にしない、嬉しい!」と受け取ってくださった!なんせ冷蔵庫の如くクーラーガンガンのオフィスに置きっぱなしだったため、捨てるには勿体無いなと思っていた矢先、拾う神ありな、絶妙なタイミング!

半年以上ぶりの再会であったが、お互い積もる話を多々できて、嬉しかった!




 


 


 


 


 


 


 


 001


 


 


 

【語りタイ飯・おやつ③オタマジャクシ系バジルシード&パッションフルーツジュース】

ピンク色の色がキレイでソソられてなんとなく買ってみた、バルシードのシロップ漬け(15B)
064
グロくはないけどまるで生命の神秘を感じさせてくれる、オタマジャクシ卵!?

甘さ控えめ、大好きな青々しいバジルの味は皆無。ぬるぬる、つぶつぶの食感が楽しいし、どんな植物の種でも生命の源で、栄養の塊なわけだから、体にも良さそう!



ついでにおやつではないが、屋台のパッションフルーツ100%ジュース(35B)
066
前述のに似てるが、種子もより大きく、超固く、例えるならば堅焼きせんべいなど比じゃないほど、バリバリと音がたってしまう・・・

仕事中一体何食べてんの~?と白い目で見られてもおかしくないが、一応ジュースですから~!



 


 

【語りタイ飯・おやつ②タイのドーナツ・パントンコー】

甘くないおやつ第二弾、屋台のパントンコー(タイドーナツ)。
009
冷めると美味しくないが、屋台で揚げたてを買ってその場で頬張ると、さくっとして中はふんわり、少しジュワッと油分を感じる程度で甘さはほぼなく、軽くてアロイ!しかも1個から買えて、たったの2B=6円。

丸でもねじりでもない、テトラポットのような、はたまた藁人形のような?不揃いな形もなんだか味があってカワイイ。

これは日本人の感覚ではおやつだけど、朝食にする人もいる他、タイの朝のお粥の付け合せの定番で、ご飯的要素もある。



タイにもミスドやダンキン、クリスピークリームがあり、タイ人、ドーナツ大好き!その根底はこれかもしれないが、砂糖と油の高カロリーの米国のそれより、ローカルのこれが一番美味しく、体にもよさそうなのにね^^;


045

夏こそカレー粉カレー!市販固形ルウのデメリット

カレー粉から作るカレーは、ダマになるとか、昔から難しいと思っていたが、それは間違いだった。

実際小麦粉だと、濾器で振るわないとダマになったりと粉臭さが残ったりと難しいが、NETで調べるうちに、コーンスターチなら振り入れるだけで簡単だと知った。



コーンスターチは初めて試してみて、確かに簡単!しかし私の場合はタイ米に合わせるので、とろみがあるよりサラッとしたカレーのほうが合うため、一旦お蔵入りに。だって適度にサラサラしてると、レンジがなくても、鍋でも温めやすい。

それに最適なのが、ホールトマト缶!水代わりに使うととろみがつくが、全部これだと酸味が強すぎ、とろみも出すぎるので、半分程度使う。

(より自然なトロミが欲しいなら、人参や玉ねぎを擦りおろすと完璧!)
 

前も書いたが、市販のルウは、化学調味料、油脂分、糖質の塊で、体によくないだけでない。
鍋や皿を洗うにもギトギトがへばりつくが、カレー粉カレーなら洗剤なしでも洗える。



そして、翌日のカレーも、市販ルウなら脂分が分離して、温め直さなければ食べられたものじゃないが、カレー粉で作ったカレーは、冷たいままでも美味しく食べられることに気づいた!

010

夏こそ冷やしカレー!簡単で省エネで、エコ!



 


 


 




 

パッキーマオからマイカレーブームへ転身!

クセの強い野菜を持て余し気味になり、カレーを思いついた。しかしカレーは嫌いじゃないけど昔から年2度ほどでいい存在で、タイカレーはいまだ好きじゃない。

日本の固形ルウは、タイで買うと500円と倍以上、しかも実は化学調味料&脂の塊り!

なのでカレー粉から炒めて、肉は出汁も出る手羽や、パクチー、バジル、にんにく、唐辛子、生胡椒、バイマックルー、ナンプラーなどを適当にぶち込んで、、タイならではのカレーは超スパイシーでヘルシーで美味!
006
タイにいるからこそ、人生初カレー作りにハマリ中!

一つしかないフライパンをカレー粉が焦げないようテフロンのに買い替え、一つしかない鍋も、カレーに付きっきりになるので追加。

鍋敷き、炒め用ターナー、よそう用しゃもじ、味見用スプーン、そして本来ソムタム作り用、にんにくや唐辛子を潰す臼、全てタイならではの木製でかわいい!
024
時間はかかるけど、超簡単、もう楽しくてしかたなく止まらない!日々インド人級カレー主食生活!

鍋のキャパシティは4-5皿分だけど、1日で食べ切ってしまったことも・・・つい食べ過ぎてしまうのが難点だけど、これからも研究するどー!

【語りタイ飯・番外編おやつ、その①仙草ゼリー】

タイのお菓子は、砂糖よりベタコテに甘い!と左党の私は嫌煙していたが、そんなわたすでもハマってしまいそうなもの・・・

コーヒーゼリーじゃないよ、仙草ゼリー!
014
夏バテにいいと聞いたため試してみたら、本体はさほど味がなく、黒蜜風の汁は甘すぎずさっぱりしてイケル!とはいえ私の場合洗って食べますが!しかも、ひと袋たったの
9B/30円。

(私のようなアラフォーには全く関係ないけど)ニキビにもいいらしいですが、しかもどこかの大学の研究によると、当然カロリーはあるのに、食べるほど痩せるらしい!?

お試しあれ!

【語りタイ飯・ダイエットパッタイ!】

近所のサトーン13に、休日と夜だけ開店するパッタイ屋台が、熱々のモチモチでネ申!
018
で、夜は
BEER以外の炭水化物を摂らない主義なのに、実は意外に1000カロリーもあるパッタイを食べる機会がつい増えてしまった。。

タイ人はこれに更に砂糖をまぶして食べる人も珍しくなく、マックなど欧米のFastFoodの台頭もあると思うけど、昔に比べて4倍もの糖尿病患者が急増しているそうな!


油少なめ、砂糖とピーナツとメインの米麺を入れず、代わりにもやしを増量するパッタイを初オーダーしてみたが、やっぱり問題なく美味☆

003
カスタマイズしてもらえるのが、屋台の魅力だ。

タイNO,1ガイドブック「歩くバンコク」 2014‐2015年版 発売! 

今年も、“歩バン”の相性で人気の、“歩くバンコク”のトンロー、エカマイエリア担当で、記事を書かせていただきました。
029
他の在住者さんからの口コミで、自分も行ったことのなかったお店も回って、本当に素晴らしいお店ばかりで、また視野が広がって、楽しかった~!

この場をお借りして、取材&実食に付き合ってくれた、KKちゃん、K谷さん、K原さまにも感謝申し上げますm(_ _)m

【語りタイ飯・パッキーマオ】

渋谷道玄坂のタイ料理屋「チャオタイ」でたまたま食べてハマったパッキーマオ。

 この一品の一撃でタイ料理に目覚め、毎週欠かさず、何年も通ったほどだったが、本場で色々食べたタイ料理の中でも、未だに最も好きな料理と言って過言でない。 実はタイでもこれを出す店は少ないのだが、たまにしか行かない店で注文すると、いつもの麺ではなくて初めてご飯で出てきた。
006
 え?作り直してもらおうかと思ったが、麺が切れてたのかもしれない、と仕方なく食べて見たらむしろ文句なく美味で、毎朝かかさず食べるまでのお気に入りに!

麺に合う味付けがご飯に合わないわけがない、これも固定概念だったんだわん!因みにタイ式の揚げ目玉焼きでなく、コンビニで買えるようになった日本式の温玉のほうが俄然お気にいり☆

【語りタイ飯・豚足らーめん】

シーロムで、もう半年以上通いつめるタイラーメン屋台。

豚骨じゃないよ、ナムギアオ(血のスープ)の豚足らーめん!スパイスで煮込まれ、脂っこさやクセもなく超うまかー!
033
数あるバミー屋台でここが最高のお気に入り。大根やゴーヤも入っているのも嬉しい、麺も置いてる店の少ない、平べったいセンベーン、タイバジル入れ放題!


屋台の待ち時間は普通
30秒、待つこと大嫌いなタイ人も、正午なら立って30分待ちは当たり前、断られる日もあるほどの人気店だがサービスまでいい。白い服を着てたら、汚さないようキッチンペーパーをくれたりとか。

ある時、「豚足が好きです」と言ったら、必ず豚足だらけで出てくるようになって、沖縄や博多県民より摂取してるハズ。
010
タイは昔から挨拶の習慣がなかったから、“いらっしゃいませ”という言葉もないのだが、ここだけいつも“サワディーカー”と笑顔で迎えてくれる。

“ご馳走様”という言葉もないのだが、このお店にはお金を払うとき自然に“コープンカー”と常にお礼を言ってしまう、そんな稀有で通い続けたい名店だ。

ディープな?タイ飲食情報!


002

久しく自分のブログは休みがちですが、WINGOOD_THAILAND通信ブログで

バンコクの飲食情報を日々書いてますのでよろしかったら覗いてみてください☆

すすきの朝ラー、わたすと「山岡家」

 昨晩遅くまであんなに食べて飲んだのに、せっかくの札幌だし、朝ラーは別腹!

昔っから大好物の「山岡家」へ!
116
私が高校生の頃は500円ちょうどで、これは親から支給される昼飯代のMAXであったが、当時は家系とか、豚骨醤油という言葉すら知らなかったが、週3でヘビロテしていた。

ここに来ない日は、箸休め的に道庁の食堂で300円前後の、麺類か丼物か定食を食べていたが、それ以外はさっぱり、何がどう美味しかったという記憶は微塵もない。

 当時通いつめた狸小路の店は、いつも満席で、脂ぎっていて、活気があって、スタッフが汗水、いや脂汗を垂らしながら張り詰めた真剣な表情で働く様は今でも脳裏に焼き付いていて・・・

そんな山岡家を3年前か、東京で見つけた時の嬉しさも、まだ記憶に新しいが、当時の面影は消え、今や洗練された全国チェーン店になっても、美味しいものは美味しいし、とにかくここは愛着のある、青春の一軒☆















すすきのNights☆彡

 2泊した実家を離れ、札幌へ戻り、もう15年来の大親友M子と、すすきの大交差点で待ち合わせ☆
087
お互いに好物な美唄焼鳥福よしの札幌ど真ん中店を目指すも、18時からで空いてなく、狸小路の浜焼きの店へ。

浜焼きセット
089
と焼きズワイ~!
093
2軒目はこのキャッチに惹かれ、ビアガーデン!
099
観覧車の眺めつつ、涼しい札幌の夜風が気持ちいい~!
102

101
帰りしな、タロット占いの看板が目に入り、お互い大好きなんで、速攻入った!
105
それぞれのお悩み、ズバリ的中で・・・
107
しかしこんな美しいカードは初めて見たな、これなら私も欲しい・・・☆ まあとにかく盛り上がった!

はしゃいで、小腹が空いてきて、シメにらーめんな流れになり、ふつう、観光客しか行かない、らーめん横丁へ!

真奥にあった、「つばさ」という店へ。最後はらーめん屋で、しっぽり瓶ビールもいいかんじ☆

頼んだのは、ラーメンといくら丼の、つばさセット!
110
こんなの、初めて見たし食べた☆ ラーメンは本格的にうまし!

言わなくてもお椀をくれたのだが、またこれのめんこいこと・・・!もし売ってたら速買い!

すすきのから歩いて帰れる好立地なM子家で、真空パックの福よしで( ^^)/▽▽\(^^ )
112
とにかく、食べて、飲んで、はしゃいで、昔に戻ったような超楽しい一夜だった♡












2夜連続・・

NETもできない田舎、毎年1泊しかしなかったけど、今回は姉に2泊を促され、実家2泊目も、七輪BBQ!

昨晩の残りに、新たにその日スーパーで安くて美味しそうなものを買い足して・・

今日の主役はピカピカの新秋刀魚に、希少な道産のししゃも、ツブ貝刺しほか。
082
一日目の感動は薄れても、美味しいものは美味しい。高校生までいた実家、そういや最盛期に太ってたが、実家を離れてから痩せたもんな~☆

翌日の朝食。
084
煮物に金平に、ポテトサラダに、かぼちゃとコーンのスープ、全て野菜が中心でヘルシーな母の手作り、おいし!

就職氷河期の時代に、予備校まで行かせてもらって、やっと受かった公務員。一生の仕事と自分でも思い、親は

実家を遠く離れ、副業ライターとしては3社かけもちできても、年賀状はおろか、手紙も書かない筆不精・・・

両親にとってはこんなに親不孝で、寂しいことはないと思う。

上京すると告げたとき、父が吐き捨てるように、呟いた言葉・・・「悪いことだけは、するなよ。」

その言葉は、常に自分の中にある。

自立して迷惑こそかけてないけど、花嫁姿や孫の顔を見せてやれない、自責の念はある。。

でも、そんな私を責めたり否定せず、温かく見守って出迎えてくれる両親、そして姉に感謝!!!









墓参りからの~地獄麺「富川製麺所」

 朝食を食べ終え、雨降りだったが、旭川空港そばの大雪霊園へ母方の墓参り。

父方の墓は滝上で遠くてとても行けないが、仏壇は同じ旭川にあるので、とても便利だ。
054
真夏の雪だるまのようなトマトと、タイのお土産をお供え。
056
叔父叔母の愛猫、黒二郎、黒猫は好みじゃないが、まるまる太ってて、めんこかった~!
055
ついでに美瑛などに寄り道しつつ、
058
058
青い池、も雨だといまいち・・・
057
富良野につくあたりでちょうどお昼すぎ。

富良野ご当地は、ここ数年でB級グルメなオムカレーになったらしいがそそられず、現地のガイドマップに、5種から麺が選べて人気、とあった「富川製麺所」へ!
062
まず麺選び。私は迷わず地獄、姉は平打麺!
063
どーん!私は味噌、姉は塩チャーシュー。
065
父は、冷酒に餃子
071
たまたま入った店だったが、美味しかった!もう一軒、ここの系列の店は何ちゃらミシュランをとってるらしいが、いつか機会があったらまた行ってみたい☆
069





実家帰省の定番ホルモン&海鮮七輪大会!

とうとう実家へ。。。タイへは事後報告で移住して、2年数カ月ぶり、初めての帰省。。上京からの帰省ですら毎回イヤミを言われていたので、何こそ言われるか気が重かったが・・・

楽しみなのは、松尾ジンギスカンに、いろはのホルモン♪
049
骨付きリブに、焼鳥、海鮮ほか何でもアリな七輪BBQ!
046
一度も手紙すら書かなかったので、タイの生活を色々話したが、怒られなくて、むしろ羨ましがられた・・・?ほっ!

翌日の朝食も、いつも魚がメイン。しかも今回は札幌場外市場で買った、50センチの特大ほっけだから楽しみ!
031

053
ほっけは家族4人でちょうどいいボリューム。しかし大味で、イマイチだったが、前夜どんだけ食べて飲んでも、母手作りの朝食は別腹!ご馳走さまでした☆



二郎インスパイア、その名も「山次郎」

札幌2日目の昼食といえば、やっぱりらーめん!でも二郎系!前回は「豚キング」、どこにしようと検索すると、インスパイア系が大分増えてて嬉しい☆

名前にインパクトのある、北大近くの「山次郎」に決定~!
034
野菜マシマシ!!と勇んでコールするも、「かなり多いけど大丈夫ですか?」といわれ、ひるんで、野菜マシに・・・

どーん!ああ、久しぶりのガッツリ二郎系・・・!!!
037
もちもち激辛で!
039
麺は極太で好み。正直、味は私も姉にも全体的にイマイチでしたが、ワシワシ喰らふあの快感を味わえ、満足なり☆
040





「さんかい」

2年前の帰省の時も連れてってもらって感動した、「さんかい」へ!実は予約でいっぱいで、一軒目の「鳥よし」は空くまでの
026
一番人気のさんかい盛、ど~ん!6点盛で980円!!!
027
飲み放題だってにゃんと90分880円!!!

2杯も飲めば元取れちゃうのだが、私は4~5杯、姉は軽く10杯は飲んだな・・・貧乏性に飲み放って、体に悪いわあ・・・

シメはいつもは普通のラーメンなのだが、汁なしの健美なんちゃら麻婆麺なんてあったのでそれを!
029
ところでここに、何十回何十回通ってるかわからないという姉。しかし、いつも携帯の会員登録の仕方がわからなくて、そのままだったらしいが、ここの飲み放880円は会員価格、非会員だと1050円・・

なんて勿体無い!というか、流石、姉、なんと不甲斐ないこと!!アシストしてとうとう登録できた~☆

ここも姉がご馳走してくれましたが、やっぱ安くて美味しい「さんかい」は最高・・・!次回も来たい♡











「鳥よし」

札幌1泊目は姉の家、近所で歩いて行け、姉の行きつけ、激オシの「鳥よし」へ。
025
自分は当然「福よし」に行きたかったが、姉はそこが嫌いなわけで・・・

まあ、とりあえずサッポロびーう!タイでは瓶や缶で、生なんて滅多に飲めないから、旨さもひとしお♡
022
北海道で焼鳥ねえ・・・と思ったが、タイの焼鳥はマズイし、ここは想像以上に美味しくてまた大満足!
024

023
けっこうボリューミーでおなかいっぱいになったが、2軒目はいつもの・・・・へ!



札幌場外市場「北の旬」

 こちらはタイのBTSの車内広告。タイでも北海道は、食べ物が何でも美味しいと周知の人気でブランドだ。
006
しかもタイ航空から新千歳へ向かう機内誌で、札幌の海鮮丼特集を見てしまい・・・現地にいたらば、海のない札幌なんかで海鮮丼を楽しもうなんて気はサラッサラ起きないのだが、広告の力って恐るべし!

しかも一杯が3000円なんて、1食30Bのタイ屋台ならその≒1000Bで、一ヶ月分のランチ代、おつりがきまっせ!

深夜便で経って、ちょうど昼に札幌に到着。姉に迎えにきてもらい、急遽、やはり姉も行ったことのない、場外市場へ!
009
ブラブラ物色して、蟹を売ってるお兄さんに、海鮮丼はどこが美味しいの?と聞いて、「北の旬」という店へ。
010
わたすは雲丹いくら丼、蟹好きな姉は、蟹プラスの3食丼を(各2,000円)!
011
姉が、ビールも飲めばいいっしょ?と優しい北海道弁を投げかけてくれたが、運転のある姉に悪いというのもあるが、折角の雲丹いくら丼の美味を、アルコホールでマヒさせたくない!?

ど、どーーん!!
014
しかも驚いたのは、ここは全品蟹の鉄砲汁付き!聞けば他の店にはこんなサービスはここだけ?

石ちゃんも来た店ならしいが、こんな贅沢でまいうーなこれを食べたのは初めてかも・・・
013
ほぐして丼に追加してみたり・・・
016
プチ蟹塚・・?姉も、「こんなだったら、丼は蟹入りにする必要なかった!」と後悔してたほど!
017
しっかし、この一杯でとんぼ返りしたとしても、来た甲斐はあった・・・!

しかも姉が、ご馳走してくれた。。これは、一生忘れられない想い出の一食というべき他にあらず、多謝☆彡








記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ